FC2ブログ

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きまぐれオレンジ☆ロード

某氏のリクエストにお応えして!

orenji01.jpg

きまぐれオレンジ☆ロード まつもと泉    全18巻

主人公・春日恭介は優柔不断な普通の中学生。
1つだけ違うのは、春日家は実は超能力一家!
バレては転校を繰り返す日々も今度の学校で出会ったのは、
同級生で不思議な魅力のある「鮎川まどか」
年下の元気でかわいい「檜山ひかる」
超能力のことは内緒にして、楽しい学校生活を送りたいっ!!





1巻が出たのが、1984年。最終巻は1988年。
(86年~87年の間に、1年間休載期間があります)
物語はこう締めくくられます。

orenji01.jpg


夢のような80’s
このときめきは・・・・忘れない 

 
  
僕はこのときはまだ小学生。恋も何も分からなかったわけですが、
80年代を象徴するような、恋愛漫画だったようです。
この時代を経験できなかったのが残念でなりません。






ジャンプの恋愛漫画では、ビデオガールの15巻をしのぐ18巻という長さ。
いちご100%には抜かれましたが、
長い間、ジャンプ最長編恋愛漫画の座を保っていました。


  
独特の雰囲気で、つっこみどころ満載のこの漫画。

まず、恭介は超能力で好き勝手するわけですが、
物を動かすことから始まり、瞬間移動、テレパシー、時を止め、果てはタイムスリップ。
も~なんでもありですよ!
ドラえもんのように、あえて他の使い方は考えないでおこうってところでしょうか(^^;


また、最初から最後までまどかが好きっぽいのに、ひかるのご機嫌をとり続ける恭介。
よく考えると、ひどい男ですよね!!
まさに、優柔不断の極みな男。
いちご100%の真中と、どっちが上かな?(笑)






そんなツッコミドコロはあれど名作の一つ、
名言が数多く生まれています。

orenji01.jpg


ひかるちゃんはLike・・・  

鮎川は・・・


orenji01.jpg


「ひっぱったなぁっ!」って思います。 
が、分かりやすくて、いいセリフです♪




orenji01.jpg
限りなく100近い・・・
左が1巻。「99.5段」って言ってたのが、最終巻ではこうなってます。
作者も、「99・5」はあんまりだと思ったのでしょうか。
同じ80年代でも、感覚が変わっていったんでしょうね~。


それを踏まえてのセリフ。


orenji01.jpg

感動しつつも、まだLOVEじゃないのかよっ、って思ったのは内緒ww










お気に入りは、

恭介の母親の形見のペンダントを鮎川に贈る、
夏のペンダント!

orenji01.jpg

orenji01.jpg


どっちか決めたときに渡すといいというおじいちゃんですが、
速攻鮎川にプレゼント・・・。決まってんじゃん・・・。

超能力一家の秘密に迫ったストーリー。
同じ春日くんだもん。どっちでもいーよ」って鮎川に惚れそうです♪






妹のまなみと恭介が、互いにそれと気付かずデートする、
まなみの大冒険!

妹萌えですよ!近親相姦ですよ!ヤっちゃあいませんが・・・。
時代をかなり先取りです。

orenji01.jpg
可愛くしたまなみ(左)もいいけど、
眼鏡かけた普段のまなみ(右)がやっぱりいいな~って思う僕は、
最近眼鏡フェチです(笑)

妹萌えな人には、こんなのはいかがでしょう?
妹に変な薬 妹に悪戯 注・2chVIPのまとめ話です。長いよ?






恭介が過去にタイムスリップして昔の鮎川やひかるに会う、
思い出の樹の下で!

orenji01.jpg

だからひるねっていうんだよ。鮎川の初恋の人と同じセリフ。
でも実は、初恋の相手は恭介自身・・・。

orenji01.jpg
出会ったとき貰った赤い麦わら帽子は、自分が鮎川に贈ったものだったり、
ちょっとした一言で雰囲気が入れ替わってたり、
繋がりを感じさせるストーリーです。
幼女なひかるちゃんが可愛いとか思うのは危ない?!(笑)








小説や劇場版アニメなどでその後が描かれたりしています。
否定するわけじゃありませんが、18巻で綺麗にまとまったんで、
あまり考えたくない自分がいたりします。。。


多少時代を感じさせる部分もありますが、
少年漫画に恋愛漫画が増えたきっかけにもなった作品。


原点を見る感じでいかがでしょうか?

    

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

だいぶ暖かくなってきました。
桜の花も咲き始め、ようやく春がきたって感じがします。


ところで、「」って字から、あなたは何を連想しますか?

春眠。心地よくて、つい寝ちゃいます。

青春。若さ溢れてイイ感じですね~。

春画。エロ本ですねー。みんな好きですよねー。

売春。しちゃダメですよ~。


後半を最初に想像したヒト。お友達になりましょう(笑)



このように「」には情欲なんて意味が多分に含まれているわけで、
春になったらエロいこと考えるのも一種必然です。
だから僕がここで成年漫画の紹介を始めるのも、当然なのです。 >ナニカ?






今回は、
春になって欲情しちゃう女の子のお話。


後藤羽矢子  「かわいいケモノ」より

haru01.jpg



春だから「ヘンなおじさんがでるかもしれない」
と言って、今野先輩と一緒に帰る大南君。

でも先輩は、

haru01.jpg


具合が悪くなったと言って、大南君を部屋に誘います。


そして、


haru01.jpg

襲われる大南君(笑)
いつもHだけど、春になるとそれが酷くなるそうです。
花粉症じゃないんだから(^^;


誘い込むだけあって、プレイ内容もさすがです。
haru01.jpg

おしっこかけられると勃つんでしょうか?
経験者に聞いてみたい。


いるのか・・・?!




先輩は語ります。
春って季節の他に  Hな意味もあるのよね


売春  春機  回春  春画  春情


haru01.jpg


感じますか?Hな匂い。


私がこんなにHなのは、
haru01.jpg


娘さんに「春子」って名付けるのは要注意ですね(笑)
春の付く方ごめんなさい~(アセ











にしてもですよ、
暖かくなってきた途端、連絡途切れてた女のコから
次々とメールがきてるんですよ。

やっぱりこの「春」だからなんですかね~(ーー;



タッチ

高校野球ですね~!センバツですね~!
今年の話題は、大阪桐蔭の怪物くん中田翔。
そして、北陽の主将、タッちゃん・上杉達也。

ついタッチを探し出して読んでしまったのは、
僕だけじゃない・・・よね?


どちらも初戦突破したようで一安心。
では落ち着いて漫画を。

なんてモタモタしてたら次の試合。
大阪桐蔭勝って良かった~。






え~、高校野球を描いた漫画では、殿堂入りともいえる一作なわけで、
説明不要だとも思いますけど一応。


tatti04.jpg

タッチ  あだち充   全26巻

上杉達也と双子の弟和也、そして朝倉南は、幼なじみの仲良し3人組。
でもやがて一人が女の子だと気が付き、達也と和也は恋のライバルに。
高校に入り、和也は1年生ながら野球部のエースとして甲子園まであと一歩。
ライバル高に勝ち迎えた決勝戦の朝、和也は交通事故で死んでしまいます。
二人の気持ちは宙に浮いたまま。
達也は弟の夢を継いで野球部へ。甲子園を目指します。




最後はご存知の通りハッピーエンドですが、
和也の死はショック受けますよね~。
重要人物が死んでしまう漫画というと、
「シティーハンター」の槇村とか、
「シュート」の久保嘉晴なんてのも思い浮かびます。
どれも実に上手に死んだ人を使ってますよねー(苦笑)



さて、とりあえず名場面プレイバック!
tatti04.jpg

tatti04.jpg

きれいな顔してるだろ

物語の始まりとも言える和也の死。
あまりに突然の展開に呆然としてしまいます。
リアルタイムで見たかったな~なんて思う20代。



tatti04.jpg

人気アイドル住友里子。結構このコ好きなんですよ!
試験を受けてみようと思ってさ
って言う達也に、
「受ける前から自信タップリのくせに・・・」
幸せになってて欲しいキャラNo1です(^^)


そして自分の気持ちを再確認した達也は、


tatti04.jpg

上杉達也は朝倉南を愛しています

作品中屈指の名シーンですよね!
「愛してる」ってなんか特別な気がします。
好きって言葉はよく使うけど、愛してますとはなかなか言えない。
愛してる>好き って不等式が成り立ってるのは、僕の中だけ?



沢山こんなシーンが散りばめられた、時代を超える名作。
この機会にぜひ読まれてみてはいかがでしょうか?






さって、センバツはどーなるかな~♪♪

TOKYO ANTS

なんだか3月は時間が過ぎるの早いです。
間空いちゃってるな~(><)








今回は、
クラスマッチ編も好調なエム×ゼロ
叶恭弘先生の短編集「TOKYO ANTS

TA01.jpg

バラエティに富んだ4作品です!








TA01.jpg

TOKYO ANTS
表題作は、世界に名立たる企業グループゴールディングのために、
裏で活躍する組織、ANTSの物語。
特務要員・陸とその仲間たちが、
顧客のカードデータを盗み出されるという事件を解決します。

ちょっと人情脆く格闘得意の主人公ってのは、彼の得意技でしょうか。この作品でも陸が謎な格闘技でがんばってます(笑)
女のコに頭があがらないのもいつもの感じ!
宇海(うみ)ちゃんに尻にしかれてます。
うみって名前聞くと、「かってに改蔵」とか、「ライバル」とか思い出すなww

それはそうと、クレジットカードのICチップがメンドクサイです。
偽造防止には仕方ないんでしょうけど、
不便になってくな~と、店側の愚痴・・・。








TA01.jpg

ENMA
主人公・石川燕馬は「人間ウソ発見器
彼の前で嘘をつくと電磁波が流れ、すべて分かってしまいます。
そんな彼は刑事。
同僚の姫川が担当した事件の被害者が連続して再び事件に合い、
困っている彼女を助けに、動き出します。


人の心が読める西九条沙羅inシティーハンターなんて思い出してみた!
嘘なんてゴロゴロ転がってるんで、うかうか外も歩けないだろっ。

TA01.jpg

綺麗事を心の底からいう姫川を助けたくなる燕馬。
人の嘘が分かってしまう彼だからこそ、
正直に生きる彼女の手助けをしたくなる。
正直者がバカを見るって世の中が嫌だって
叶先生の気持ちが痛いほど伝わってきます。
いや、ええ話や~(ToT)


にしても、「人間ウソ発見器」まだまだ使い道ありそ~だな~
って思いを形にしたのが、次、



TA01.jpg

enma
「ENMA」の過去話っぽい。
けど主人公は燕馬源一郎。微妙に名前違う(^^;

人気アイドル神楽里純がスタンガンを買ってるところに
偶然出くわした燕馬。
護身用だという彼女のセリフが嘘だと分かった彼は、
彼女に関わることになります。


彼女は、同じくアイドルの妹の起こしたとされる事故を
自分が起こしたと言います。
が、彼女のマネージャーは商品価値の問題と、
妹が起こしたことにしておこうとします。
真相は?そして彼女の気持ちは?


安倍なつみと麻美を思い浮かべたのは俺だけ・・・じゃないと思いたい。
けどまあ、あの二人にこんなエピソードなんてなさそうですが(^^;

TA01.jpg

俺に出会うってのは そーゆうことだ
こんなカッチョエエセリフ言ってみたいわ!ww


TA01.jpg

ヒトの心が見える人
感動的なシーンになってます。
心が見える燕馬の苦悩なんてもっと見てみたいなんて思いますね!
続編描かないかな~。








TA01.jpg

蝶ーswallow tall-」
何度も普通なら死んでしまうような目にあっても、
強運で生き延びている天城。
彼には死の予兆を示す、黒い蝶が見えます。
そんな天城の前にあらわれた少女・優花。
彼女の回りにも黒い蝶が見え、そして・・・。


この作品だけ絵柄がまったく違います。
叶先生曰く、絵を「変えてる」作品とのこと。
一時期のマーガレット風イメージだそうです。

TA01.jpg

確かにそんな感じですよね!
こんな雰囲気も好きですが、誰の作品かは分からなくなっちゃいそうです(^^;







叶恭弘好きなら必携の一冊、「TOKYO ANTS」
いかがでしょうか?(^^)











1ポンドの福音

adgd0.jpg

1ポンドの福音 高橋留美子 全4巻

3巻までで長らく止まっていた、
高橋留美子先生の名作「1ポンドの福音

毎回減量に苦しみながら試合に臨むプロボクサー・畑中耕作と、
シスターアンジェラを中心とした人間模様が描かれていましたが、

このたびめでたく、完結しました!

1巻が出たのが1989年。
丸18年をかけ、ようやくゴールです。



耕作は、そのハードパンチが売り物で将来も期待されてましたが、
食べ物をみれば我慢できない根性なしのため、
なかなか出世できません。

adgd0.jpg

彼が惚れてるのは、教会のシスターアンジェラ。
当然、はいお付き合いしましょう、とはならないわけですが、
彼女の方もまんざらでもないようです。

adgd0.jpg





そんな煮え切らない状態のまま、3巻が出たのが96年
その後98年、01年に続きが発表され、
さらに5年・・・、
今年に入っての短期集中連載にて、ついに結末が描かれました。


最後の相手は東洋太平洋チャンピオン

そういえば、同じくボクシング漫画である「はじめの一歩」が、
連載開始から18年経っているようです。
向こうは79巻も出てますけど(笑)
宮田君がその辺じゃなかったですかね?
片や79巻、片や4巻でそこまで辿りついています。
かかった年月は同じなんですよね~(^^;
ところではじめの一歩は、「あぶさん」に次いで
2番目に長く続いているスポーツ漫画なんだそうです。
ってことは、期間だけなら1ポンドの福音も負けてないってことですねww
そもそもスポーツ漫画かどうか疑問ではありますが・・・。




っと、話が反れましたが、
東洋太平洋チャンピオンです。しかもホスト。
さすが高橋先生といった設定です。

チャンピオンに借金を作ってしまったシスターを助けるために、
リングに上る耕作。
と言ったらシリアスな気がしますけど、
もっと軽い雰囲気ですよね、この漫画(^^;

「めぞん一刻」が典型的ですけど、
高橋先生の作品は、ドタバタなままで終わらず、
気持ちの良いラストを迎えることが多いです。
この作品でも、待った甲斐があったといえる終わり方をみせてくれました。

かなりの年月がかかったことを感じさせない軽快さ、
その一方で、待った気持ちを満足させてくれる結末。

「1ポンドの福音」いかがでしょうか(^^)

I'll -アイル-

月刊少年ジャンプの休刊が決まったわけですが、
この人もそこで活躍された一人ですよね。
やはり寂しさを感じてしまいます。





Ill01.jpg

I'll -アイル- 浅田弘幸 全14巻

自分を受け入れて貰えない中学バスケに嫌気が差して、
バスケをやめようと弱小の国府津高に入った立花茜。
父親の決めたレールを歩くのが嫌でバスケをやめようとして、
同じく国府津高に入った柊仁成。
でも結局バスケを捨てられない二人を初めとして、
一度は諦めた少年達が、国府津高バスケ部に自らの居場所を見つけ、
強豪高へと立ち向かう姿が描かれました。



Ill01.jpg

アチョーってなんだー!ww
なんて思いつつ、だんだんそのセリフに慣れていく自分が怖い(^^;



浅田先生の作品は、どれも独特の透明感があって、
熱いんだけど暑苦しくない、不思議な空気を作りだしています。
セリフ回しなんて「どんな青春小僧だ」なんて思うときがあっても、
何故か違和感なくハマっていくんですよね~。
そういえば、辻仁成とか好きなんですけど、似た感じあるかも。
「柊仁成」って名前で思い出しました。



I'llでは、茜と仁成の友情中心に話が進んでいきます。
二人の関係は、親友であり、ライバルであり。
お互いを誤解しすれ違う様子を見て焦ったり、
二人の呼吸があった瞬間を息を飲んで見つめたり。



なんか恋愛モノの説明してるみたいですね(笑)
(腐)の方的にはどっちが受けなんでしょうか?
(いやね、良く理解してないんですよ、僕・・・)

そんな中で、最も印象に残るセリフは、これ。

Ill01.jpg

花ひとつ咲いてねえ道なんて
つまんなくて歩けねーぜっ


茜が弟をエリートへの道に乗せようとする
仁成の兄に向かって言います。

道なんて一つだけじゃない。
どうせ歩くなら楽しく、一緒に歩ける友達がいた方がいい。

茜が、仁成の心を本当に分かってるんだと感じさせるセリフ。
と同時に、浅田先生が現実の僕らに語りかけてる気がします。

行き詰って、自殺なんて日常になってきた昨今。
でも、一度は諦めて、そこからが本当の始まり。
ツマラナイと思って進めなくなった人生と言う道も、
良く見てみると横道があって、
スポーツかもしれない、恋愛かもしれない、ゲームとかかもしれない、
とにかく楽しいコトが花のように咲き乱れてて。

そんな楽しい「道」を誰もが見つけて欲しい。
浅田先生の思いがこもってるセリフだと思います。






主役二人だけじゃなくて、脇役たちも掘り下げられているのが「I'll」
膝の故障を押して闘うキャプテン山崎、
亡くなった彼女の想いを胸にがんばる金本、
ヒゲダンディー東本と伝言板の少女のストーリーもいいし、
監督・峰藤の過去の恋を取り戻すのもGOOD。

本編だけでなく、各巻末に添えられた番外編・マイナスナンバーが、
これまたいい雰囲気を醸し出しています。
5巻収録の「手紙」なんていいですよ~♪






現在は「テガミバチ」連載中の浅田先生。
この作品の行く先も気になりますね。

月刊少年ジャンプを偲ぶ意味でも、

「I'll ~アイル~」

いかがでしょうか。








ひまわり

himawari08.jpg

ひまわり 二宮ひかる 短編集「初恋」より

広田君の憧れの志木さんの噂話は、
陰で色々やってるとか、援助とか・・・。
あんまりだと口論になる広田君とクラスメイトの春日友恵。
友恵は言います。
「あの子だって普通の子、
機会があればやりたい事をやりたいようにやるよ」
「あんただってそうでしょ?」
そして二人は・・・。




himawari08.jpg

チャンスがあればやりたいように・・・。

きっと誰もそんなものなんでしょうね。
付き合ってないとダメ。好きじゃないとダメ。
そんな風に言ってはいても、いざとなると誘惑に負けてしまいます。

彼女だけはそんなはずはない。

理想の中の彼女なんて、どこにもいるはずないのに、
自分のことは棚に上げて、つい思ってしまいます。



himawari08.jpg

ちょうど逆のパターンですね。
「雰囲気がチャラチャラしてなくて、他の人とは違う」なんて言われて。
自分はそんなに特別じゃない。
彼女の期待が重く感じてしまいます。

例えば会った事ないメル友に、キムタク似のイケメンなんて想像されてしまうと、
もう会う事も怖くなってしまうように、
過度な期待はされたくないものです。
でも、自分はしてしまうんですよね~・・・。




himawari08.jpg

himawari08.jpg

カラダはどんな状況でも反応しそうです(笑)

himawari08.jpg

彼女にとってのセックスは、コンプレックスを解消するための一手段。
人それぞれセックスには意味があって、
きっとまったく同じであることなんて、滅多にないことなんでしょう。

himawari08.jpg

勉強して生きるよりも、ひまわりに囲まれて生きることを選択する。
価値観は人によって違うということなのでしょうね。
自分と違う価値観をしっかりと持ってる人を見ると、
どうにも眩しく見えてしまうのは僕だけでしょうか。



himawari08.jpg

うん!見えなくもない。

ひかる先生の恒例の文章では、

ほんとうに心底、惚れてくれている男から見れば、
私は絶世の美女に見えるらしい。


見えますよ、ホント!
どんなコだって、こうして見ると可愛い♪なんて思える瞬間があって、
自分の中ではその瞬間が網膜あたりに焼きついていて、
いつもその面影を見てるんだと思います。

それが世間で云う「恋」なんでしょうか。
次にそう感じられるのはいつのことだろうと、悩みながら日々過ごしています・・・。














Navigations, etc.

Navigations

ブログ内検索

プロフィール

DEEP

Author:DEEP
漫画中心で語っていきます!
エロが多いのは管理人の趣味ですww

最近の記事

FC2カウンター

おまけ

管理者ページ

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。