FC2ブログ

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はぐれメタルの起源は?!

巷で話題になっております、
はぐれメタルの起源について。

メタルスライムが溶けたもの、なんて見解もあるようですが、
正解は「バブルスライムが変化したもの」です。

この逸話が書かれてるのは、
1989年にエニックスより出版された「モンスター物語

DQM01.jpg

数種類のモンスターたちの成り立ちやエピソードが描かれています。






件の話は、その中の最後の一つ。「スライム年代記」の一節。

DQM01.jpg

スライム族の長老があまりの弱さに悩む子供スライムに、
一族の偉大さを語ります・・・


DQM01.jpg

スライムの最初は、なんと湖の中。
繁殖力には長けたスライムは手狭になった湖から陸へと上がります。


しかし、陸に上がっても増え続けたスライムたちは、
新天地を求めて東西南北4手に別れ、旅立ちます。


南では、

本来草食だったスライムの中に、虫などを食べて雑食になった者が現れます。
その中からオレンジ色をした新種、スライムベスが生まれます。
平和に過ごすスライムですが、
回復役に疲れた魔法おばばに目を付けられ、攫われてしまう者が・・・。

DQM01.jpg

怪しい薬品を使われて、体の変化したスライムたち。
スライムからはホイミスライムが、
スライムベスからはベホマスライムが誕生しました。
改造手術で悪の手先になったわけですね。
さしずめホイミンは仮面ライダーってところで、、、ん?



西では、

DQM01.jpg

いずこかの人間の商人が置き捨てた身かわしの服で寒さをしのいでます。
そのスライムたちが、マグマで溶けた鉱石のミスリルを全身に浴びてしまいます。

DQM01.jpg

こうして生まれたのがメタルスライム
その素早さは身かわしの服ってレベルじゃないだろ!



北では、

暴走のあまり海に落ちてしまいます。が、適応能力の高いスライム。
海での生活もすぐに慣れます。
そんな中で外敵から身を守るために貝に入る者が現れます。

DQM01.jpg

やがて最初から殻をしょって生まれてきたのが、マリンスライム
更に強い敵から身を守ろうとスクルトを覚えます。
更に更に・・・覚えたのがヒャド。
更に更に更に・・・覚えたのがラリホー。
で、スライムつむりの誕生です。




そして、東。

腐った死体にそそのかされて、毒の沼地に入ってしまいます。

DQM01.jpg

毒気で弱った皮膚が弾けて出来上がったのが、
ご想像の通りバブルスライム。そりゃ毒も持ってるってもんです。


さてさてお待たせしました。ようやく肝心なお話。

毒の沼地で暮らすバブルスライムたちですが、
ある時、妖精の少女を助けます。落し物を探し出してあげたんですね。
そのお礼にと、彼女の暮らす天上界の話を聞きます。
自分たちも暮らしてみたいと思いますが、
妖精曰く、「自分では無理だから、ルビス様にお祈りしてみましょう!」
ルビス様応えてくれます。いい人です。
さすが、せっかく封印を解いてあげたのに荷物がいっぱいだからって
元に戻ってしまうくらいいい人です。(DQ3)
っと話ソレマシタ。

DQM01.jpg

この時に、ルビスの加護を受けたバブルスライムは、
体が軽く、銀色に変わりました。それがはぐれメタルです。
うん、メタルスライムが溶けたわけじゃなかったんですね~。


DQM01.jpg

そんな、スライムのもつ可能性について語った物語。
3までですからこれだけですが、この後更に種類増えてますよね。
決して思いつきやすいからってわけじゃなかったんですね~。






この他にも、
ベビーサタンがベリアルに出世するまでを描く「悪魔族出世双六」
鎧の騎士の悲劇的な成り立ちを描いた「呪いのブラックメイル」
などなど多彩な内容となっております。


エニックスからですし、きっとこれが公式設定、なはず。
豆知識ってところですね
機会があれば別のストーリーにも触れてみたいっす。




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

時をかける少女

人は無意識に最善の手を選んでる。

誰が言ったかは知りませんが、僕の好きな言葉です。
人が選んだ選択肢に無意味なものなどなくて、
たとえ一時最悪なものに見えたとしても、
広い目で見れば、それが正解だったりする。

そんな思いをカタチにしてくれた作品に感じました。






TOKIKAKE00.jpg

時をかける少女

原田知世主演の作品も何度も見ました。
ちょっと生まれてきたのは遅かったけれど、
感動は褪せることなく残してくれていました。

そして幾年月。
今度はその気持ちすらも忘れかけた頃に、
改めて大切なものを思い出させてくれた気がします。



TOKIKAKE00.jpg

突然タイムリープが出来るようになった真琴。
調子に乗って何でもできる気になって、何度もリープを繰り返します。

でもそれは、他の人に自分が受けるはずだった不運を押し付けること、
そして、その人が勇気を振り絞ってなした行動をも、
なかったことにしてしまうこと・・・

真琴が繰り返したタイムリープは、なかなか思い通りの結果には辿りつきません。
むしろ悪化してしまうことの方がしばしば。
それは、人はそのときの選択だけで生きてるわけじゃない。
そこまでに積み重ねたものがあるからなのでしょう。

単純な選択に思えてしまう一つの行動も、
実は、そこまで生きてきた自身の人生の結果であり、
決して無為なものではない。

すれ違って台無しにしてしまう瞬間なんて、数限りなくあります。
その度に過去に戻って繰り返しても、無限ループに陥るだけ。
選んだ肢が正解だったかどうかなんて、
ずっと先になってみなければわかるはずもありません。

だから、ただ一つの選択をするために、
人は毎日を真剣に過ごしてる。

そんなメッセージを受け取った気がしています。






TOKIKAKE00.jpg

映像的にも良かったですね。
学校風景なんて、黒板の文字とか描写が細かくて驚きました。
「2chかよ!」なんてツッコミたい時もありましたけど。
淡い風景の描き方が結構好きです。

もっとも、人物に関してはもう少しはっきり描いた方がいいんじゃないかな~とか、思ったりもしました。
他には、タイムリープシーンがちょっと浮いて見えたりして・・・。
さらには、間をもう少し取った方が、って思うシーンが多かったです。
声は・・・どうなんでしょうね。
ときどき気にならないでもなかったですけど、慣れればってところでしょうか。

まあ、こんな愚痴が出るのも、気に入ったからこそっすね。






最後に、主題歌の「ガーネット」がいい♪♪
http://www.youtube.com/watch?v=8fNYgg2MHdQ
つい何度も繰り返し聴いてしまいます。
作中でももっと使ってくれたら良かったのに、
なんて思ってしまう僕は少々中毒です(笑)






たまには漫画以外の話題です。時期も遅れてますけど(^^;
またちょくちょくこういったネタも混じえていきそうです。




めぞん一刻

気が付いたら一ヶ月も経ってる・・・。
時間が過ぎるのって早いですよね~、歳も取るわ・・・○| ̄|_

ずっとトップがエロマンガの状態。
ちょっとばかし恥ずかしい(*/∇\*)なんて思いながら、
放っておくのが俺ってやつです(^^;







さて久々の更新は、
最近ドラマもありました「めぞん一刻」

mezon14.jpg



一刻館の管理人として現れたのは、未亡人の響子さん。
浪人の五代君は彼女に一目惚れ。
二人と、そして賑やかで人情豊かな一刻館の住人たちの物語。



何故か文庫本で揃えてます。全10巻。
ワイド版も持ってたはずなんだけど、どこ行ったかな~。


以前実写映画にもなってますね。
観たことありますけど、実に暗い。暗すぎる。
めぞん一刻の良さって違うだろっ!って思わず声が出そうです。
とはいえ、キャストが、
音無響子 - 石原真理子
五代裕作 - 石黒賢
四谷 - 伊武雅刀
六本木朱美 - 宮崎美子
一の瀬花枝 - 藤田弓子
七尾こずえ - 河合美智子
なんだか豪華な気はする。


アニメもありましたね!
かなり長かった記憶がありますが(^^;
再放送やってたんで、ビデオ録画がんばってたな~。
響子さんの声が島本須美さん。ナウシカですね(笑)
OPの「悲しみよこんにちわ」が大好きです♪♪






漫画から印象的なキャラクターやシーンを少しだけ


mezon14.jpg

音無響子初登場時。化粧キツクないっすか?!
未亡人っつーと熟女のイメージだけど、この時響子さん22歳
わっかいよねー!!


mezon14.jpg

一刻館の住人・朱美。下着姿で歩き回る同居人とか羨ま・・・ゴホッ。
今度のドラマじゃ配役・高橋由美子。「南くんの恋人」の頃には、
こういう役が回ってくるようになるとは想像できなかったな~。
月日って残酷だ・・・(苦笑)


mezon14.jpg

教育実習先の響子さんの母校で出会った八神。
教育実習にはこんなメリットもあるんだねー!やってりゃ良かった。・・・ん?
行動的で一途で、こういう子は好きですね!
ラストでもまだ想いを引きずってた数少ない一人。
こずえちゃんはちゃっかり結婚してるわ、
朱美すらバーのマスターと上手くやってるっつーのに・・・。


mezon14.jpg

五代君の恋のライバル三鷹さんの最後は、
犬の妊娠と間違っての婚約でした。
いや、ヤッたかどうかは分かるだろ・・・。
このことから学ぶのは、
避妊はちゃんとしよう!幸せはどこからやってくるか分からないってところでしょうか。
しかし、「ゆっくりとしあわせになりましょう」は名ゼリフ!


mezon14.jpg

こずえちゃんは、収入の安定した男からプロポーズ受けてます。
プロポーズってことはそれなりの付き合いはあったんですよね~。
キスの一つもなしに結婚はないよね~。
振り回してた五代君が酷いのは置いといて、
女って怖いな~なんて思ってしまった瞬間でした。
純粋そうに見えても、ちゃっかりしてるんだな~。
そんな現実的な所もこの作品の魅力ではありますが・・・。



mezon14.jpg


mezon14.jpg

一番好きなシーンがこれ!
ツンデレで、なかなか本心を見せない響子さんが素直になった瞬間。
可愛いってば!!!(///▼///)
年上にこれされたら、直ぐ陥ちるね!



mezon14.jpg

悩み疲れた響子さんとホテルに行って。
本当に好きな相手だと勃たないことがあるってこういうことでしょうか。
うん、経験ないけど。
気持ちが乗ってないと二回目できないって言うのは、
これとは関係ない・・・ね。



mezon14.jpg

こちらは、やっと出来たとき。
こーゆーのいいなあ。「ずっと前から好きだったの
惚れるね。惚れ直すね!
無い理由は、ここまで気持ちが通じ合う前に手~出してるからやね。
いや、そんなもん、、、、だよね?


mezon14.jpg

泣かせるようなことは絶対しません。残りの人生をおれに・・・ください
ってプロポーズに、
一日でいいから、あたしより長生きして・・・

この物語だからこそのセリフ。積み重ねたドラマがあるからこそのセリフ。
この二人には、これしかないだろうってくらいしっくりくるセリフ。
こんな感動的なプロポーズの言葉を準備してみたいものですね。(ん、無理)




mezon14.jpg

五代君が、響子さんの前夫惣一郎さんの墓前で。
あなたもひっくるめて、響子さんをもらいます。」
惣一郎さんを気にして勃たなかった(笑)五代君の成長。
相手の過去を受け入れるって、簡単そうで難しいですよね。
響子さんに向かってではなく墓前で宣言する五代君には、
その決意の程が伺えますね。




mezon14.jpg

感動のラストシーン。娘の春香ちゃんを連れて。
桜の花びらが舞う中での場面に、
前へと進み変わっていくもの、逆に季節が巡っても変わらないものを感じさせます。
春香ちゃんが成長して、一刻館の皆に温かく育てられてく様子が目に浮ぶようです。








端折ったところばかりです。
四谷さん無視してます。ごめんなさい。
語ってるとキリがないです「めぞん一刻」
それだけ中身が濃いってことですね!
これだけは読んどけ!って作品の一つです☆
ぜひこの機会に、一読、読み直しをどぞ♪

Navigations, etc.

Navigations

ブログ内検索

プロフィール

DEEP

Author:DEEP
漫画中心で語っていきます!
エロが多いのは管理人の趣味ですww

最近の記事

FC2カウンター

おまけ

管理者ページ

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。