FC2ブログ

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スラムダンク

slam06.jpg

井上雄彦  スラムダンク  全31巻 

運動神経抜群の元不良・桜木花道が、
女の子目当てで始めたバスケットボール。
初心者だった彼が次第に上達していき、
やがて湘北高校というチームの中心となり、
全国大会で活躍するまでが描かれました。






数々の名場面、名台詞。そして、感動を呼び起こすゲーム。
その魅力は多く、一つ一つ語っていったら、
とても終わりそうにありません。
ひとまず、ここ!って感じのものを集めてみました。
覚えていらっしゃいますか?



slam06.jpg

フラレ続けた花道が、晴子ちゃんと出会ってバスケを始め、
陵南との練習試合でその存在感を示し出すまで。
序盤ってところでしょうか。




slam06.jpg

問題児軍団が結成されます。
三井がバスケ部に戻るまでのストーリーは、
作品中屈指のものではないかと!




slam06.jpg

戦力も揃い始まる県大会。
それぞれが活躍する中、花道も目立ち続けます!
最初は退場王も、いつしかムードメーカーに。
翔陽戦、海南戦、陵南戦。
こう考えると、けっこうゲームって少なかったりして(^^;




slam06.jpg

全国大会に出場し、初戦の豊玉になんとか勝利するも、
二回戦の相手は最強山王。
能代工とのゲームってこんな感じなのかな~。
ゲームのラストは息をするのを忘れるほどの緊迫感と迫力でした!!




slam06.jpg

好きなキャラはこの人、水戸洋平♪
何かといいとこにいるんですよねー(^^)




この漫画が始まった当時、
バスケは日本ではまだ人気スポーツではありませんでした。
漫画でバスケを描いたらコケるって言われてたとか(^^;

そんなバスケというスポーツを、
一気にメジャーなものへとしたのが、このスラムダンクですね。
バスケ部に入部する子が激増したとか。
さらに前の、
サッカーにおけるキャプテン翼と同じような役割でしょうか。
そういう僕もその一人だったりします。
めっちゃ下手でしたけどね(苦笑)

ちょうどNBAで、
マイケル・ジョーダンが大活躍した時期と重なったこともあり、
バスケ人気は確固たるものになりました。
Harlem BeatやDEAR BOYS(未だに続いてますね~)などが後に続き、
人気漫画の一ジャンルに定着しました。

そんなスラムダンク(の第一部(笑))が終了して、
もう十年が過ぎようとしています。
バスケ人気は衰えてはいないものの、
田伏勇太のNBA挑戦が唯一の話題な時期が続いてる気がしてしまいます。
次に続く選手が待ち遠しいものです。






スポンサーサイト
[PR]

[PR]

トラックバック一覧

コメント一覧

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Navigations, etc.

Navigations

ブログ内検索

プロフィール

DEEP

Author:DEEP
漫画中心で語っていきます!
エロが多いのは管理人の趣味ですww

最近の記事

FC2カウンター

おまけ

管理者ページ

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。